不動産担保ローンで危機を脱した

住宅ローンの返済途中の自宅を担保にして融資

住宅ローンの返済途中の自宅を担保にして融資家族が路頭に迷う危機を脱する事ができた不動産担保ローンに助けられ返済目途が見えた

私はこれまで大きな怪我も病気もしたことがなく、家校であることが自慢でした。
しかし、ある日休暇で山登りをした時に思わぬミスで大怪我をしてしまって、長期入院を余儀なくされたのです。
治療費で保険は使えたのですが、タイミングも悪く仕事ができない間の家族の生活費や子供の学費などいろいろな出費が重なりました。
まとまったお金が必要なので困ってしまいました。
銀行に融資をしてもらうにも、時間がなかいし、なによりお金が必要な目的からして難しい状況でした。
どうしたらいいだろうと思っていたところ、不動産担保ローンの存在を知りました。
不動産担保ローンは家を担保にすることで、すぐに融資をしてくれるということです。
しかも融資してもらったお金は、事業用の資金でなければ、何に使っても構わないということで、そのときの私にはちょうどいいローンでした。
そのときはもう家を買って15年目くらいで住宅ローンの返済途中でした。
まだ家は完全には自分のものではないわけですが、それでも担保にして融資をしてもらうことが出来るのだろうかと、金融に詳しい友人に調べてもらいました。
すると不動産の評価額と住宅ローンの残高に差額があれば可能であるということでした。
詳しいことは利用する不動産担保ローン外車によって基準が異なるということなので、試しに申し込んで見るといいというアドバイスを受けました。